2021年のK-POP振り返り〜ドラマOSTの人気を実感!

スポンサーリンク
その他

2021年もK-POP Generationをご覧いただきありがとうございました。
また2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021年の振り返りとして、【2021年のアクセスランキング1位〜10位】と【2021年心に残った楽曲】を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

2021年のアクセスランキング1位〜10位

Googleアナリティクスの集計を元に、2021年にアクセスの多かった記事順に紹介します。

1位 ドラマ『賢い医師生活』OSTまとめ 全13曲紹介

2位 ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』OSTまとめ 全13曲紹介

3位 ドラマ『愛の不時着』OSTまとめ 全11曲紹介

4位 ドラマ『トッケビ』OSTまとめ 全16曲紹介

5位 ドラマ『だから俺はアンチと結婚した』 OST 全10曲紹介

6位 ドラマ『梨泰院クラス(イテウォンクラス)』OST 全13曲

7位 ドラマ『スタートアップ: 夢の扉』OST 全17曲を紹介

8位 ドラマ『サイコだけど大丈夫』OST 全13曲を紹介

9位 ドラマ『偶然発見した一日(ハル)』OSTまとめ 全8曲紹介

10位 SHAUN 「Way Back Home」

10曲中9曲がドラマOSTの記事で、残り1曲がSHAUN「Way Back Home」の記事という結果でした。ドラマOSTは良質なK-POPの宝庫ですので、ドラマを見た方にも多くの楽曲を知って頂けたことにとても嬉しく思います。2020年に続いて、2021年もドラマOSTの人気度が高いことを実感しました。

SHAUN「Way Back Home」は、今でも根強い人気のある楽曲で、3年前 (2018年11月)にこの記事を書いたものにも関わらず、見て頂いていることに感謝します!


また、10位圏外で、一時的に上位にランクインした以下2曲がありました。
オーディション番組『Girls Planet 999』に関連した楽曲です。

OH MY GIRL 「五番目の季節」(2019.05.15 記事公開)

Limesoda(ライムソーダ)「WAVE」(2019.10.27 記事公開)

OH MY GIRLの「五番目の季節」はオーディション課題曲として使用され、Limesodaの元メンバーキム・ヘリムがオーディションに参加したことから、上記2記事に注目が集まったようです。

スポンサーリンク

2021年心に残った楽曲

2021年、心に残った曲はたくさんありますが、その中でも特に印象深かった10曲を紹介します。

スポンサーリンク

2022年K-POPへの期待

強く切望することは、やはり新型コロナウィルスが収束し、K-POPアーティストが来日してくれることです。アーティストのライブでの音やパフォーマンスを直接感じることが出来れば一番嬉しいですが、2022年中もきっとオンラインライブでの開催となることでしょう。

また、NetflixやAmazonプライム・ビデオでの韓国ドラマの配信によって、”第4次韓流ブーム“となっている中で、韓国ドラマのOST(Original Sound Track)も注目されています。
今年もOSTに収録されるK-POPにたくさん注目していきたいと思います。

2022年も素晴らしい楽曲と出会えることに期待して、K-POPライフを楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
シェアする
kpop.generationをフォローする
K-POP Generation