2022年のK-POP振り返り〜ドラマOSTファンが増加!

2022年もK-POP Generationをご覧いただきありがとうございました。
2021年と比較すると記事数が減少してしまいましたが、アクセス数(PV: ページビュー)は、42%増加し、皆さんに見て頂く機会が増えました。感謝の気持ちでいっぱいです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2022年を振り返りとして、【2022年のアクセスランキング10位〜1位】を紹介したいと思います。

目次

2022年のアクセスランキング10位〜1位

それでは、10位〜1位の記事を紹介して行きます!ドラマOST記事の場合は、オススメ曲も挙げています。

10位 ドラマ『花郎』OSTまとめ!全10曲紹介

オススメ曲: ヒョリン(元SISTAR) 「お互いの涙になって」

9位 ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』OSTまとめ 全13曲紹介

オススメ曲: テヨン(少女時代)「All With You」

8位 ドラマ『その年、私たちは』OST(挿入歌)全13曲を紹介

オススメ曲: ヤン・ヨソプ (Highlight) 「まだ好き」

7位 ドラマ『女神降臨』OST(挿入歌)全10曲を紹介

オススメ曲: ファン・インヨプ 「今日から始まりだから (It Starts Today)」

6位 ドラマ『愛の不時着』OSTまとめ!全11曲紹介

オススメ曲: ユン・ミレ 「Flower」

5位 ドラマ『だから俺はアンチと結婚した』 OST(挿入歌)全10曲紹介

オススメ曲: ヨンジェ(GOT7) 「Pop star」

4位 ドラマ『社内お見合い』OST(挿入歌)全12曲を紹介

オススメ曲: ニュー(THE BOYZ) 「春風のように僕を訪ねてきて」

3位 ドラマ『一緒に夕飯食べませんか?』OST(挿入歌)全7曲を紹介

オススメ曲: Sondia 「私の星」

2位 ドラマ『ホテルデルーナ(ホテル・デル・ルナ)』OSTまとめ 全13曲を紹介

オススメ曲: テヨン(少女時代) 「あなたという詩」

1位 ドラマ『恋慕』OST(挿入歌)全7曲を紹介

オススメ曲: LYn 「One and Only (分かっています)」

[アクセスランキング結果]

なんと10位中10曲が、ドラマOSTの記事でした。
2022年は、アーティスト個別の曲紹介が少なかったというのもありますが、ドラマを見て、OST曲が気になって見て頂いた方が多かったようです。
また、ランキング10曲のうち、2022年に作成した記事は、4位の『社内お見合い』OSTのみでしたので、2021年以前のドラマOST記事が根強く見られていることが分かりました。やはり人気のあるドラマはいつまでも見られているのですね。

特に『花郎』や『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』については約6年前に書いた記事であり、今でも読まれているのは、Netflix、U-NEXT等で今でも配信されていることが影響していると思われます。

まとめ

K-POP Generation は、K-POP全般の楽曲を紹介するサイトで、様々なK-POPアーティストを中心に、ドラマOSTの楽曲も含めて紹介する方針で運営していますが、2022年の記事は、ドラマOSTの記事の比重が高くなっていました。

人気度のあるK-POPアイドルよりも歌唱力を重視したアーティストの紹介が多く、ドラマOST記事が増えてしまう傾向があったため、今後はバランスよく、楽曲を紹介していきたいと考えています。

2023年もK-POP Generationをどうぞよろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

K-POP歴20年。
時代の流れに流されず、常に良い音楽を探して、聞き続けています。
横浜市在住/職業: Web制作会社のエンジニア/趣味: コーディング・プログラミング、作曲、書店巡り・読書、映画鑑賞、韓国料理など辛いもの好き。

目次