AKMU(楽童ミュージシャン) 秋の夜長に聴きたい「別れまで愛せないだろう、君を愛するだけ」

男女グループ

楽童ミュージシャン、2年2ヶ月ぶりにカムバック

YGエンターテインメント所属の兄妹ポップス・デュオ楽童ミュージシャン(イ・チャンヒョクとイ・スヒョン)が、3rdフルアルバム『航海』で2年2ヶ月ぶりにカムバックしました。

兄のイ・チャンヒョクが今年5月に除隊して初めて披露する楽曲、そして、妹イ・スヒョンが20代になってから最初のアルバムということで注目を浴びています。

今回紹介する「別れまで愛せないだろう、君を愛するだけ (How can I love the heartbreak、you’re the one I love)」は、3rdフルアルバム『航海』のタイトル曲です。

この曲は、数年前に作られた曲で、アレンジをし直して、今回アルバムのタイトル曲となったようです。

叙情的で切ないメロディは、今の季節にも似合いますね。秋の夜長にぜひ聴きたい曲です。

イ・チャンヒョクがアルバム全曲の作詞、作曲を担当

アルバム『航海』では、兄のイ・チャンヒョクが全曲の作詞・作曲をしています。
アルバムタイトル『航海』は、「離れる」というキーワードの元、「別れ」のテーマを扱っています。

アルバムのほとんどの曲を軍隊の訓練の合間に、船の中で作ったとのこと。
ギターがなく、手帳に歌詞を書き、そこにメロディを付けるという作曲方法。
そのため、全ての曲が、『航海』というタイトルにとてもよく似合ってるとイ・チャンヒョクはコメントしています。

録音機材がないので覚えるようなやり方での作曲は、もしメロディを忘れてしまったら、ショックですね。

楽童ミュージシャン 3rdフルアルバム『航海』 曲リスト

01. 舟歌
02. 水を得た魚
03. 別れまで愛せないだろう、君を愛するだけ
04. 月
05. FREEDOM
06. もっと愛してあげればよかった
07. クジラ
08. 夜、終わりなき夜
09. 別れの挨拶
10. 時間を持とう

全曲プレビュー

『航海』 の収録曲を全曲通して聞くことが出来ます。

リリース後のプロモーション活動

LiveONE

SBS Inkigayo(人気歌謡) 2019.09.29

ユ・ヒヨルのスケッチブック 2019.09.30

8D Audio | dingomusic

8D Audioの音源です。二人のボーカルの音像が、8つの定位でパンニングされていて、立体感を感じることが出来ます。

“心で聞いてほしい”

妹のイ・スヒョンは、兄の兵役期間中、音楽バラエティ番組やラジオDJなどソロ活動を行っていました。
アルバムのリリース発表時、イ・スヒョンは、「兄の空席を埋めようとさらに努力した。これからどのように歌わなければならないかを学び、新しいジャンルや楽器に関する知識も増やし、自らをアピールし、表出する方法も学んだ。」とコメントしています。

また、楽童ミュージシャンの二人は、「チャートインより大切なことは、聞く人が私たちが作った曲を聞いてどんな考えを持ち、どんな感情を抱くのかということだと思う。心で聞いてほしい」と伝えています。
兄のイ・チャンヒョクは今回のアルバムで、ミュージシャンとしての力量を発揮して、素晴らしい音楽を届けてくれました。

楽童ミュージシャン → AKMU

“楽童ミュージシャン”というグループ名の”童”は子供の意味なので、グループ名を”AKMU”に変更したそうです。
“AKMU”とは、”楽童ミュージシャン”の英語表記が”Akdong Musician”なので、それぞれの頭の2文字を取った形で名付けられました。

もう子供ではない”AKMU”に、今後も心に響く曲を期待して待っていたいと思います。


楽童ミュージシャンの他の記事もチェックして下さい!