LYn 「Pyeong Saeng(一生)」一生とは偶然のつながりであることを実感させてくれる楽曲

スポンサーリンク
女性歌手

女性歌手LYn(リン)が、新曲「Pyeong Saeng(一生)」を2022年1月13日にリリースしました。

スポンサーリンク

一生とは偶然のつながりであることを実感させてくれる楽曲

バラードの女王“と呼ばれているLYn(リン)の新曲「Pyeong Saeng(一生)」。
偶然始まった愛を「愛したのが間違いであった」と自分の過ちであると一生思い続ける女性が描かれたバラードです。

曲の冒頭は「あの日あの時、そこへ行かなかったら、あなたを知らなかった。あなたを知らなかったら愛すことはなかっただろう。」という歌詞で始まります。

“いつも偶然が偶然を呼び、その次の出来事が、人生を大きく変えて行くもの”という人間の「一生」がテーマとなっており、LYnの繊細な歌声によって、一生とは偶然のつながりであることを実感させてくれる楽曲です。

スポンサーリンク

ライブ映像

「Pyeong Saeng」ライブミュージックショー

迫力のあるバンド演奏をバックに歌うLYnの歌声をお楽しみください。

「Pyeong Saeng」Special クリップ映像

座りながらの歌唱スタイルでしっとりと歌い上げています。

スポンサーリンク

ドラマOSTでも活躍しているLYn

ここ数年のドラマでは、『九尾狐伝(クミホ伝)』や『恋慕』のOSTに参加したLYn。
LYnが歌う楽曲から、ドラマの主人公が繰り広げる壮大な世界観を感じ取ることが出来、ドラマのシーンに大きな感動を与えます。

「月兒戀歌」(ドラマ『九尾狐伝(クミホ伝)』OST)

「One and Only (分かっています)」(ドラマ『恋慕』OST)

ドラマOST楽曲とは異なる味わい深い楽曲「Pyeong Saeng(一生)」

最近では、ドラマOSTを歌う歌手としての印象が強くなっているLYnですが、ソロシンガーとしてLYnの楽曲のクオリティも高く、目を見張るものがあります。新曲「Pyeong Saeng(一生)」では、ドラマOST楽曲とはまた異なる味わい深い名曲となりました。今後もLYnの楽曲を見逃せません。