元AKB48竹内美宥 「私のタイプ」月刊ユン・ジョンシン10月号でデビュー!

女性歌手

元AKB48竹内美宥 「私のタイプ(月刊ユン・ジョンシン 10月号)に参加

元AKB48竹内美宥が、シンガーソングライターでプロデューサーであるユン・ジョンシンのプロジェクト『月刊ユン・ジョンシン』10月号で「私のタイプ」という曲を歌っています。

竹内美宥が歌う「私のタイプ」は、シティポップ(日本の1970〜1980年代の都会的な雰囲気の曲)で、イントロのエレピの音がまさに80年代をイメージさせてくれる、ポップセンスあふれる曲になっています。

この曲は本来は7月号でリリースされるはずだったのですが、日韓の関係悪化のため、やむを得なく延期となり、やっとの発売となりました。
日本語バージョンも続いてリリースされています。

「私のタイプ」韓国語バージョン 2019年10月23日リリース

「私のタイプ」日本語バージョン 2019年10月31日リリース

『月刊ユン・ジョンシン』とは

『月刊ユン・ジョンシン』とは、その名の通り、ユン・ジョンシンの作った曲が毎月リリースされるというプロジェクトなのですが、ユン・ジョンシン自身が歌う事もあれば、色々な歌手に歌ってもらうというスタイルを取っています。

ちなみに、『月刊ユン・ジョンシン』6月号では、URBAN ZAKAPA(アーバンジャカパ)「気持ち良い日」を歌い、5月号では少女時代テヨンが「春川行きの列車」を歌っています。
テヨンの歌う「春川行きの列車」もシティポップポップ風でした。

少女時代テヨン「VOICE」&「春川行きの列車」(月刊ユン・ジョンシン2019年5月号別冊付録)
少女時代テヨンの日本初のミニアルバム『VOICE』 テヨンにとって日本で初のミニアルバム『VOICE』が2019年6月5日にリリースされます。先行してデジタル配信が5月13日より開始されています! タイトル曲はアルバムタイトルと同じ...

それで、延期になってしまった7月号は、竹内美宥の代わりに誰が歌っていたのか気になるところですが、実は…。
ユン・ジョンシン自身が「人工知能AI」という曲を歌っていました。。
(※ユン・ジョンシンおじさんの顔を見たい方はご覧ください。)

『月刊ユン・ジョンシン』の大ヒット曲 女性歌手ミンソ「いいの」

少しでも『月刊ユン・ジョンシン』に興味を持たれた方は、月刊ユン・ジョンシン2018年11月号のミンソ「いいの」も是非聞いて頂けたらと思います!
感動的なバラードで、ユン・ジョンシンが歌うバージョンもあります。

ミンソ 「いいの」切なく心が震える程の極上バラード! 月刊ユン・ジョンシン11月号
ミンソが歌う『月刊ユン・ジョンシン11月号』の曲「いいの」を紹介します♪ もう12月も終わりですが、11月号を紹介! 11月に女性歌手ミンソのこの曲「いいの」を聞いて、ずっと気になっていて、この曲について書こうと思っていたら、遅くな...

竹内美宥が韓国での歌手活動を行うまで

オーディション番組『PRODUCE 48』に参加、そしてAKB48卒業

2018年に、MnetとAKB48グループ協力による日韓同時放送の公開オーディション番組『PRODUCE 48』に竹内美宥は参加し、最終選考まで残ったものの、最終順位17位で脱落という残念な結果となりました。

このオーディションから、宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美が「IZ*ONE」のメンバーに選ばれ、同じく最終選考まで残り最終順位16位の高橋朱里は、Woollimエンターテインメントからガールズグループ「Rocket Punch」のメンバーとしてデビューしています。

その後2018年09月、竹内美宥はAKB48の卒業を発表し、

「元々グローバルに活躍したいという思いを抱いていました。本当に今がすごく幸せなんです。卒業後はアーティストとして活動したいです。歌だけでなくダンス、演技など何でもしたいです」

という思いを語っていました。

ユン・ジョンシンの元を訪ねて

竹内美宥は今年1月に、韓国のエンターテイメント会社MYSTIC STORY(ユン・ジョンシンが設立)へ尋ねて、直接ユン・ジョンシンの元を訪れたそうです。

歌手になるため練習生として入りたいと伝えたところから、世の中にお披露目されるまで、約半年というかなりのスピードで展開されています。AKB時代の彼女の活動について私は全く知りませんでしたが、やはり歌手としての実力があったということなのでしょうね。

MYSTIC STORYの練習生として

ユン・ジョンシンは
「韓国語の勉強も熱心で、練習生として真面目にレッスンもやる美宥にチャンスを与えたかった」
「この曲はシティポップを盛んに書いていた2年前に作った曲で、その時はすぐ歌うのに適した人がいなかったため温存したが、今年初めから再び歌い手を模索した」
「ミスティックの練習生である美宥を勧められたが、実際にレコーディングしてみると、韓国語を本当に熱心に練習してくれ、何よりも上手く歌ってくれた」
とコメントしています。

「LISTEN STAGE」での竹内美宥

MYSTIC STORYの練習生は、ライブ公演「LISTEN STAGE」でライブやトークをする機会があります。
竹内美宥の韓国語はとても上手だと思いました。どのくらいの期間で習得したのか気になるところですね。

[LISTEN STAGE] 2019.05.21

あいみょんの「君はロックを聴かない」を歌っています。

[LISTEN STAGE] 2019.06.04

竹内美宥が生まれた1996年に発売された久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」を歌っています。時代を感じてしまいました(笑)

[LISTEN STAGE] 2019.08.09

松田聖子の「赤いスイートピー」なんて懐かしい曲も歌ったりしています。

正式デビューはいつ?

『月刊ユン・ジョンシン』でのリリースは、プロジェクトの中の一曲のため、竹内美宥にとっては、正式なデビュー曲ではありません。
正式デビューへ向けて準備が進められていることと思いますが、年内もしくは来年頭には、実現されるのではないでしょうか。
ソロ歌手として、もしくはグループのメンバーとしてどのような形でデビューなのかは今のところ不明ですが、楽しみにして待ちましょう!


ユン・ジョンシンの他の記事もチェックして下さい!