ミンソ 切なくも前向きな気持ちが感じられるバラード「成長」

女性歌手

バラード歌手ミンソ

ミンソは、2018年3月にデビューしましたが、それ以前にドラマOSTやプロデューサーのユン・ジョンシンのプロジェクト「月刊ユン・ジョンシン」等、様々な楽曲を歌っていました。月刊ユン・ジョンシン 2017年11月号でヒットしたバラード「いいの」で、熱い歌唱を見せてくれたのは、記憶に新しいですね。

ミンソ 「いいの」切なく心が震える程の極上バラード! 月刊ユン・ジョンシン11月号
ミンソが歌う『月刊ユン・ジョンシン11月号』の曲「いいの」を紹介します♪ もう12月も終わりですが、11月号を紹介! 11月に女性歌手ミンソのこの曲「いいの」を聞いて、ずっと気になっていて、この曲について書こうと思っていたら、遅くな...

そして先月9月24日、ミンソは、Mystic Storyの音楽プラットフォーム”LISTEN”でバラード曲「成長」と「紹介」をリリースしました。
別れを経験し、成長した女性の物語を歌っていて、「成長」と「紹介」の2曲のストーリーが短編映画のように繋がっているところにも注目です!

「成長」

最初はささやくように静かに歌い、主人公の心情に合わせて、ミンソの歌声も表現力を増し、気持ちよく心に響きます。
優雅なストリングスの音色と煌びやかなピアノの音は、別れの切なさ、寂しさだけで無く、曲のタイトルになっている”成長”しようとしている前向きな気持ちも表現しているかのように、力強さを感じ取ることが出来ます。

ミンソが歌っている映像もあります。

「紹介」

ミンソの歌声が、バイオリンの弦の音のように、つややかに切なく響きます。
しっとりとしたバラードですが、聴き終わった後、切ない気持ちになるというよりも、勇気をもらえた気持ちが強いのは、他の歌手には無いミンソならでは表現力なのでしょう。

ミンソの歌声の強みについて

プロデューサーのユン・ジョンシンは「ミンソの歌声は”未熟さ”と”成熟さ”どちらも兼ね備えている。なので切なく、けなげな部分もある。これがミンソの歌声の強みだ」とコメントしています。

ドラマ『医師ヨハン』OSTでミンソが歌う「Star」

今年の夏に放送されたドラマ『医師ヨハン』のOSTで、ミンソが「Star」という曲を歌っています。

ミンソ、ドラマ「医師ヨハン」OSTに参加…チソン&イ・セヨンの切ない気持ちを表現 - DRAMA - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle
歌手ミンソが「医師ヨハン」のOST(劇中歌)3人目の主人公に抜擢された。ミンソはSBS金土ドラマ「医師ヨハン」(脚本:キム・ジウン、演出:チョ・スウォン、キム・ヨンファン)のOST Part.3「S… - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

「Star」

同じ曲の中でも、部分的に”未熟さ”や”成熟さ”を感じられたりするのは、表現の幅が広いということだと思いますので、ドラマのシーンに合わせる必要があるOST楽曲では、ミンソは重宝される存在だと思います。

ミンソはバラードばかりでは無く、「2cm」など明るめの曲も歌えるので、様々な楽曲に対応出来るボーカリストだと思います。
でも、個人的には、ミンソはバラード向きの声質だと思いますので、もっと泣けるバラードを歌って欲しいとつい期待してしまいますね…。


ミンソの他の記事もチェックして下さい!