Eyedi(アイディ)「J.us.T」シティポップとは異なるレトロ感を分析!

女性歌手

R&BシンガーソングライターEyedi(アイディ)の新曲「J.us.T」を紹介します。Eyediと言えばレトロなシンセポップを歌っているイメージが強くなりつつあります。これまでリリースした曲も含めて、Eyediの魅力について紹介します。

スポンサーリンク

「J.us.T」は新しさが感じられるレトロミュージック

Eyediは、新曲「J.us.T」を2020年2月にリリースしました。
前作「& New」から約10ヶ月ぶりとなりましたが、その間、2019年8月には日本でのオリジナル楽曲「Perfect 6th Sense」を2019年8月にリリースしています。
K-POP Generationでもその曲を紹介していますので、よろしければご覧ください。

そして、今後ヨーロッパでの活動も開始する予定のことで、グローバルに勢力的に活動をしている注目のシンガーソングライターです。

そして今作「J.us.T」もレトロ感溢れるダンスポップとなっています。

[M/V] Eyedi(아이디) – J.us.T

メトロノームの音で始まり、重低音のベースとともに、Eyediのささやくような歌声が入ってきます。この曲の注目すべき点は、アンビエントなレトロ感です。

レトロとは古き良きものに懐かしみを感じるという意味ですが、2019年4月にリリースした「& New」もレトロな雰囲気で、80年の音楽を彷彿とさせるシティポップでした。
しかし、今作の「J.us.T」は「& New」とは少し毛並みの異なるレトロが感じられます。

以下の3つの要素が、そのレトロ感が感じられるポイントです。

レトロ感 ポイント1

分厚くインパクトのあるシンセベースと浮遊感のあるシンセのコントラストが感じられる点です。

ヘッドホンで聞くとよく分かると思いますが、音像(音の前後左右の位置)において、ベースの音が一番前の方に聞こえ、その後ろの方に、Eyediの歌声やアルペジオを奏でるシンセの音にリバーブ(残響効果)の掛かった状態で配置され、奥行きのある空間が表現されています

最近のK-POPだと、リバーブは掛けているものの、コンプレッサー(音の圧縮)を過度に掛けているため、音の前後感がはっきりと感じられず、平面な音像に感じられることがあります。

80年代の音楽のように、音の区分けがはっきりしているため、独特な空気感が感じられるのがポイント1です。

レトロ感 ポイント2

薄くカーテンのように敷き詰められているパッド系の音が80年代を感じさせる点です。

パッドの音は、平面的な音なのですが、空気感を感じる音楽を作る際には必要不可欠なもので、一般的なポップスだと、シンセストリングスでその空気感が作られることが多いのですが、より空気感を作る際には、パッドの音を使用します。

この曲の冒頭から最後まで、コードが延々と奏でているがこのパッドの音で、これが臨場感のある雰囲気を作り上げています

Eyediの歌声の背景に、80年代で使用されていたような、空気を感じられるエフェクトを使用しているのがポイント2です。

レトロ感 ポイント3

80年代の雰囲気を出しているデジタルリバーブを使用している点です。

ポイント1と2の内容と少し重複しますが、80年代による使用していたリバーブを再現して、アンビエント(環境音楽)な雰囲気が出ているところにレトロ感が感じられます

また、「J.us.T」の歌のメロディは起伏が少なく、何か作業をしながら聞いても耳障りで無いため、まさにアンビエントだと言えます。

レトロ感まとめ

いわゆる懐かしさを感じさせるようなレトロな雰囲気を、今風なレトロミュージックとして再構築したのが「J.us.T」であると思います
絶妙に作られたバックトラックに、Eyediの歌声が加わることで幻想的なオーラをまとい、独特な世界観が生まれています。

スポンサーリンク

これからのEyediに目が離せない

これまでリリースされた「Caffeine」(2018年12月)や「& New」(2019年4月)は、サビのメロディがしっかりとあり、レトロポップスであるのに対して「J.us.T」は、レトロでアンビエントなポップスであると言えます。

Eyediの楽曲は、Eyedi自身とアメリカのポップミュージックのプロデューサーフランシス(Francis)との共同制作となっていますが、彼の思わくはアンビエントな音楽、シティポップが好まれるヨーロッパをターゲットにしていると推測します。今後のEyediの展開に期待を感じますね。

Eyedi、本日(13日)ニューシングル「J.us.T」発売…ヨーロッパからラブコールも - Kstyle
精力的な海外活動を行い、文化体育部主催のグローバルミュージックマーケット「MU:CON」で次世代K-POPボーカリストとして選定されるなど昨年大活躍したシンガーソングライターEyediが、本日(13… - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

Eyediの最新情報はこちら

最新のEyediの情報を追い続けたい方はこちらをご覧下さい。


Eyediの他の記事もチェックして下さい!
スポンサーリンク
女性歌手
スポンサーリンク
シェアする
kpop.generationをフォローする
K-POP Generation