パク・ジフン、Wanna One解散後ソロデビュー!温かみのある歌声に癒される「L.O.V.E」

男性歌手

パク・ジフン、Wanna One解散後ソロデビュー

オーディション番組『PRODUCE101 season2』から2017年8月にデビューしたWanna Oneは、1年半という期間限定の活動を終え、2019年1月末に解散しました。
その後、2月にメインボーカルであったハ・ソンウン、サブボーカルのユン・ジソンがソロデビューし、その後、サブラッパー兼サブボーカルであったパク・ジフンがソロデビューを果たしました。
3人の中でも、デビュー曲のクオリティが特に高いと思われる「L.O.V.E」を紹介します。

ソロデビュー曲「L.O.V.E」

電子音に馴染むパク・ジフンの温かみのある歌声

パク・ジフンの温かみのある歌声は、電子的な音に埋もれることはなく、ある意味神聖な雰囲気を醸し出しています。
また、2コーラス目からはラップが入ってきて、Wanna Oneでのラッパーとしての実力が惜しみなく出されています。
1コーラス目のAメロの雰囲気が特に好きで、パク・ジフンの歌声とエレガントなピアノだけの心地良い空間が、癒しと落ち着きを与えてくれるようです。
曲全体的には、電子音で構成されているため、ピアノやストリングスだけのシンプルなバージョンがもし存在するのであれば、パク・ジフンの歌声をじっくりと聞いてみたいところです。

フューチャーR&Bという難解なジャンル

「L.O.V.E」は、フューチャーR&Bというジャンルだそうで、トラップ(ハードコア・ヒップホップから派生したヒップホップの1つ)とフューチャーベースを融合したような新たなEDMです。
落ち着いたピアノの音とは対照的な強烈なシンセサイザーの音色は、とてもインパクトがあります。フューチャーベースをはじめとして、”ベースミュージック”の特徴でもある低音部を強調しているところや、基本となるテンポは変えずに、サビへ向けて倍速テンポで刻まれるスネア等のドラムロールが、聴感上早くなっているように聞こえ、高揚感が上がってくるところが魅力です。
また、サビはシンセフレーズが主体となり、歌メロとしては、そのフレーズを間を埋めるようなフレーズだけとなり、”フューチャーベース”の特徴も表れています。

「L.O.V.E」制作陣

制作陣も大所帯で、

  • 作詞: Tenzo(テンジョ), Kebee(キビ), ROUN
  • 作曲: Tenzo(テンジョ), LOOGONE, MUNA
  • 編曲: LOOGONE, MUNA

となっています。詳細はあまりよく分からないメンバーばかりですね…。

Kebee(キビ)は男性デュオEluphantのラッパーとして活動しています。
Tenzoは、ヒットメーカーで知られる”イダンヨプチャギ(二段横蹴り)”という制作チームに属しているTenzo and Tasco(テンジョ & タスコ)のテンジョです。
Tenzo and Tascoは、Apink、チョン・ウンジ、god、MOMOLANDなどを手掛けていました。今回はTenzo1人で制作に参加していますが、今もTascoとタッグで制作しているのかは不明です。

Tenzoに興味のある方は、下記のページをどうぞ。
Tenzo and Tasco(テンジョ & タスコ)の2人のDAWを使用した楽曲制作についての説明がされています。

パク・ジフン1stミニアルバム『O’CLOCK』

収録曲

01. The beginning of…(intro)
02. US
03. L.O.V.E
04. Would you
05. 夜明けの月
06. Young 20(PROD. by イ・デフィ)

アルバム全曲プレビュー

パク・ジフン 初ソロファンミーティング「First Edition」

PARK JIHOON(パク・ジフン)初ソロファンミーティング「First Edition」と題して、2019年4月7日(日)大阪、2019年4月10日(水)東京で開催されます。

詳しくはこちらで。(開催は来週のため、もうチケットは買うことは厳しいでしょうね…。)

PARK JIHOON(パク・ジフン) 初ソロファンミーティングIN TOKYO 「First Edition」
PARK JIHOON(パク・ジフン) 初ソロファンミーティングIN TOKYO 「First Edition」、2019年4月10日(水)NHKホールにて開催決定!!!

パク・ジフンの活躍に期待は高まる

ソロデビューして間も無く、日本でもファンミーティングが開催されるということで、Wanna Oneでの人気がどれほどであったかを感じることが出来るでしょう。
ソロシンガーとして華やかにデビューしたパク・ジフンの活躍に期待が高まりますね。
今後もパク・ジフンの活動に注目して行きます!