ホ・ガク 泣けるバラード「最後の夜」

ホ・ガクの「最後の夜」を紹介します♪

目次

ホ・ガクの温かみのある歌声が素晴らしい

ホ・ガクは、2010年のオーディション番組「スーパースターK」で1位となり、歌手デビューした男性歌手です。

誰も注目しなかった歌手志望生、イベント会場で歌を歌いながら歌手の夢を失わなかったし、たった1人でも歌を聞いてくれる人がいるならば、それで充分だったホ・ガク。換気扇の修理工だった彼は、歌の実力一つだけで1,340,000分の1という途方もない競争率を勝ち抜いて「スーパースター」として人生を逆転させた。職業、ルックスが十分でなくても夢だけは失わなかった彼は、歌手になりたくて歌を歌ったし、今ではそのチャンスをつかんだ。今も今後もスターでなく歌手、それも歌の上手い歌手になることだけを切実に望むという彼。「スーパースター」としてより一層輝くホ・ガクの姿を期待してみる。

引用: Innolife
http://contents.innolife.net/lista.php?ac_id=28&ai_id=11648

2017年11月にリリースされた「Only You」から、3ヶ月後の新曲となった「The Last Night」は、とても美しいバラードとなっています。
歌詞は別れの内容となっているので泣ける曲です…。
MVを見ながら聞くと、より感動が増すと思います。(このMVの映像自体と歌詞がマッチしているかは微妙なところですが…)

ピアノとストリングスというシンプルな構成ですが、それらを紡ぐように入るエレキギターの切ないフレーズも良いです!
ホ・ガクの温かく包み込むような優しい歌声と叙情的なメロディの相乗効果により、美しく響き、とても素晴らしいと感じました。
大サビ直前の各楽器の音量が上がって、ホ・ガクが声を張り上げるところが鳥肌もので、聞きどころです!

作曲はキム・ジンファン

この曲を手掛けたのは、キム・ジンファンという作曲家です。
Apinkの「The Wave(あなたが手を振ってくれたら)」を手掛けた人で、壮大な世界観の曲を作るのが得意な気がします。
キム・ジンファンについては、あまり情報がないので、他の曲も聞いてみたいところです。

https://kpop.musicagatto.com/group-w/apink-the-wave

女性歌手とのデュエットを聞いてみたい

約2年前に「春の日に」という曲を女性歌手キム・ヨンジとデュエットしていました。
ホ・ガクの歌声は、女性の優しい歌声ととても相性のある気がしますので、誰かとコラボした曲を聞かせて欲しいですね。

https://kpop.musicagatto.com/woman/kim-yeon-ji-feat-huh-gak-on-spring-day

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

K-POP歴20年。
時代の流れに流されず、常に良い音楽を探して、聞き続けています。
横浜市在住/職業: Web制作会社のエンジニア/趣味: コーディング・プログラミング、作曲、書店巡り・読書、映画鑑賞、韓国料理など辛いもの好き。

目次