キム・ヨンジ with friends (ホ・ガク) 「春の日に」

キム・ヨンジ with friends (ホ・ガク) の「春の日に」を紹介します♪

この曲は、キム・ヨンジのデュエットプロジェクト”キム・ヨンジ with friends”の計3曲のうち一番最初の曲で、男性歌手ホ・ガクがパートナーとデュエットしています。春のバラードというと、温かみのある和やかな印象の曲が多い気がしますが、この曲は、寂しげなバラードになっています。
イントロのアコースティックギターがとても和む音ですが、どこか悲しげ感じがして春の切なさを表現されている気がします。さらにピアノとストリングスが加わり、全体的にアコースティックな雰囲気で、温かみのあるアレンジになっています。
感傷的なキム・ヨンジの歌声とホ・ガクの丸みのある声質が上手くマッチしていて、それらが相乗効果で春の日の別れがより切なく、また、春の暖かさとひんやり感が混じった心地良い空気感が上手く表現されている気がします!

キム・ヨンジは、ソロデビュー以来、自身の曲に初めて作詞家として関わったようで、少女時代などに歌詞を提供しているMAFLYと男性歌手フィソンと共同で完成させたようですよ。

キム・ヨンジ with friends (ホ・ガク) 「春の日に」

私は、キム・ヨンジの歌唱力には、SeeYa時代から注目していました。
当時メインボーカルがナム・ギュリで、キム・ヨンジはリードボーカルでしたが、キム・ヨンジの方が歌唱力はズバ抜けていました。ルックスの関係でメインがナム・ギュリだったと思うのですが(^^;
SeeYaはアイドルグループとして売りだされていましたが、歌唱力があったので、ボーカルグループのイメージが強かったような気がしました。ナム・ギュリとイ・ボラムの柔らかな声質と対比してキム・ヨンジのパワフルなボーカルがグループとしてのバランスを上手く取っていて、SeeYaの曲は聴き応えのあるものが多かったと感じています。

ソロになってからも、あのボーカルは変わらず、聞く人の心に直接届くような素晴らしい歌唱を聞かせてくれています♪

あわせて読みたい
キム・ヨンジ(元SeeYa) 「忘れたの」 元SeeYaのメンバー キム・ヨンジ「忘れたの」を紹介します♪ 2011年に解散した女性3人組グループSeeYaのメンバーであったキム・ヨンジは、ちょうど1年くらい前にソロ曲「...

[16.01.17] 콘서트 필 – 김연지 편 (광주 KBS)

“キム・ヨンジ with friends”の次のパートナーが誰か楽しみです♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

K-POP歴20年。
時代の流れに流されず、常に良い音楽を探して、聞き続けています。
横浜市在住/職業: Web制作会社のエンジニア/趣味: コーディング・プログラミング、作曲、書店巡り・読書、映画鑑賞、韓国料理など辛いもの好き。

目次