Apink デビュー10周年「Thank you」これまでのファンソングも紹介!

Apinkは、2011年4月にデビューし、今年で10周年を迎えました!
10周年を記念し、ファンに対して感謝の気持ちが込められたファンソング「Thank you」が2021年4月19日にリリースされました。

目次

Apinkの本来の持ち味が十分に引き出された「Thank you」

Thank you」は、Apinkらしい明るさと爽やかさを含んだ楽曲です。
ここ最近のミニアルバムのタイトル曲(「I’m so sick」や「Dumhdurum」など)は、クールな雰囲気へ路線を変えていましたが、「Thank you」は、それ以前のApinkが持っていた本来の持ち味が十分に引き出された楽曲と言えるでしょう。

プロデュース・楽曲制作は、イダンヨプチャギ(二段横蹴り)が手掛け、ボミとウンジの歌声が一番心地良いところで響くサビのメロディに、心が晴れやかになります。作詞には、ボミも参加し、感謝の気持ちが込められています。

イダンヨプチャギは、これまでにApinkの「Good Morning Baby」「Mr.Chu」「Cause you’re my star」などの楽曲提供をしてきただけに、Apinkと縁の強い作曲家・プロデューサーであるため、「Thank you」は、彼女達らしさがとても表れたファンソングに創り上げられています。

Apink ファンソングの振り返り!

K-POPでは、ファンソング(팬송: ペンソン)と呼ばれ、ファンに対して感謝の気持ちと愛を込めて作られる楽曲がリリースされることがあります。ファンの中だけで人気がある曲もありますが、ファンで無くても応援したくなってしまうような楽曲も数多く存在します。

他のアーティストと比べると、圧倒的にファンソングの数が多いApinkは、「Thank you」も含め計9曲のファンソングをリリースしており、1年に1回のペースでリリースしていることになります。

これまでのApinkのファンソングを一気に紹介していきますので、Apinkの成長過程を感じながらご覧下さい!

1周年 「4月19日」 2012.04.19

デビュー1000日記念 「Good Morning Baby」 2014.01.13

4周年 「Promise U」 2015.04.19

5周年 「The Wave(あなたが手を振ってくれたら)」 2016.04.19

あわせて読みたい
Apink 「The Wave(あなたが手を振ってくれたら)」 Apinkの「The Wave(あなたが手を振ってくれたら)」を紹介します♪ Apinkのデビュー5周年記念ソングとして作られた6枚目のシングル曲「The Wave」は、これまで応援してく...

6周年 「Always」 2017.04.19

7周年「Miracle(奇跡のようなストーリー)」 2018.04.19

8周年 「Everybody Ready?」 2019.04.19

9周年 「MOMENT(あなたのすべての瞬間を愛してる)」 2020.04.13

11年目を迎えて

メンバーのソン・ナウンはInstagramで、デビュー10周年の感謝の気持ちを伝えています。

Apinkのデビュー10周年を祝ってくださってありがとうございます! 10年間、一緒に泣いて笑ったメンバーたち、変わらず私たちのそばにいてくださったPANDA(Apinkのファン)の皆さん、Apinkを支えてくださった多くの方々に感謝します! 私の大切なApink、大好きです

引用 Kstyle: https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2166816

そして4/29、所属事務所Play Mエンターテインメントとの再契約で、パク・チョロン、ユン・ボミ、チョン・ウンジ、キム・ナムジュ、オ・ハヨンの5人は再契約を締結しましたが、ソン・ナウンは、新しい夢に向かうため、再契約はしなかったとのことです。

しかし、Apink自体は存続されるようで、メンバー6人全員は変わらずにグループ活動を続けていく予定と所属事務所は伝えています。

https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2167512

この10年の間、2013年にメンバー一人(ホン・ユギョン)の脱退はあったものの、それ以降は6人の完全体をキープし、走り続けているApink。
10年経てば、解散してしまうグループも多い中、決して短くはない10年をヒット曲で埋め尽くしてきたApinkに、これからの期待を込めて、応援し続けたいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

K-POP歴20年。
時代の流れに流されず、常に良い音楽を探して、聞き続けています。
横浜市在住/職業: Web制作会社のエンジニア/趣味: コーディング・プログラミング、作曲、書店巡り・読書、映画鑑賞、韓国料理など辛いもの好き。

目次