イ・ミンヒョク 「Blue Night(奇跡)」 美しく切なく響く春のバラード

男性歌手

イ・ミンヒョク 「Blue Night(奇跡)」 切なく響く、春のバラード

イントロのピアノの音色で、バラード好きな人は、気持ちを奪われてしまうことでしょう!そして、イ・ミンヒョクの温かみのある歌声、美しいメロディにK-POPバラードの素晴らしさを改めて感じることと思います。

MVのストーリーにも注目

この曲のMVでは、高校生の恋愛模様が描かれています。仲よさそうな2人ですが、実は彼女側に別の男がいることが分かり、エンディングでは、結局叶わなかった恋が表現されていますが、エンドロールを見ると、彼女が別の男を振ったシーンがあるので、ハッピーエンドへ向かうのだと想像したいです(笑)
やはり歌に映像による視覚効果が加わると、その歌の魅力が2倍、3倍にも引き出されます。

イ・ミンヒョクの歌唱映像

イ・ミンヒョクと聞くとボーイズグループのBTOBのイ・ミンヒョクを想像してしまいますが、別人です。
実はこのイ・ミンヒョクの詳細が分からないのですが、シンガーソングライターであるという情報だけを知ることが出来ました。
(Webで調べてもBTOBのイ・ミンヒョクの情報が溢れかえっていて、探し出すことが難しいです。)

K-POPバラードの魅力が全て詰まっている「Blue Night」

K-POP界では、毎月多数の楽曲がリリースされ、ヒット曲に埋もれ日が当たらない曲も多数あります。それは、J-POPも含めて、世界レベルでも同じことが言えます。

そういう中で、自分の感性に合う曲を探し回って、やっと見つけて、音楽の素晴らしさを楽しむ。メディアによって与えられたものではなく、自分で探して出会えた”奇跡”は宝物に値する程だと思います。

次々とリリースされ消費されていく音楽ですが、このような宝物を見つける行為は、自分の感性を磨くためにとても大事だと思っています。

この曲「Blue Night」も、メディアで大注目されるような曲ではありませんが、K-POPバラードの魅力である”叙情的なメロディ”、”温かみのある雰囲気”、”後を引く(心にひっかるものがあり、また聴きたくなる)”という要素が全て揃っている曲だと感じています。

イ・ミンヒョクがドラマOSTで歌う曲を聞いてみたいと思いました。
もしかすると何かのドラマのOSTに参加しているかもしれませんが、注目して行きたいと思います!