KOYOTE 20周年記念アルバム『REborn』のタイトル曲、哀愁のあるメロディが特徴的「FACT」

目次

KOYOTE(コヨーテ) 20周年記念アルバム「REborn」

一ヶ月も前の話で、全くリアルタイムな話題ではないのですが(汗)、2/8に、KOYOTE(コヨーテ)が20周年記念アルバム「REborn」をリリースしました!
そのアルバムのタイトル曲の「FACT」は、哀愁のあるメロディが特徴的な90年代ユーロビートを感じさせてくれる曲です。

KOYOTE(コヨーテ)について、詳細をご覧になりたい方はこちら!

https://kpop.musicagatto.com/group-mw/koyote-our-dream

紅一点のボーカルシンジが作詞

「FACT」は、女性ボーカルシンジが作詞しています。
(日本人的な感覚だと、”シンジ”って響きは男性名ですが、女性です。)

https://www.instagram.com/p/Bu9CzcBg1mt/?utm_source=ig_web_copy_link

KOYOTEの特徴

KOYOTEの特徴とも言える、メンバーが男女混成という部分で、まずはペッカのラップが入り、その後、明るい曲やマイナー系、バラードにも対応出来る愛されキャラ!?のキム・ジョンミンが歌い、サビは紅一点のシンジが歌い上げるというスタイルは、今のこの時代には、他にないグループだと思います。

また、KOYOTEのサウンドは、基本的にアップテンポのダンスポップな曲が多く、さらに歌のメロディはとても親しみやすく、ついつい歌ってしまうような曲ばかりです。
ちょうど10年ほど前は、私は思いっきりKOYOTEにハマっていた頃でして、毎日のようにKOYOTEの曲ばかり聞いていたのを懐かしく感じます。

KOYOTEの懐かしい曲達

「愛の公式」(2007年)

2007年によく聞いていた「愛の公式」の頃のシンジがとても可愛くて、愛くるしい雰囲気が好きです♪

「出逢い」(1999年)

KOYOTE初期の大ヒット曲「出逢い」を歌っていた頃は、ペッカもキム・ジョンミンもメンバーでなく、シンジ以外は別のメンバーでしたが、ペッカとキム・ジョンミンと一緒に歌う「出逢い」もかなり良いです!

https://kpop.musicagatto.com/group-mw/koyote-deai-2

「出逢い」は、ジニョン(B1A4)と女優ミン・ヒョリンによって、バラードとしてカバーもされました。

https://kpop.musicagatto.com/group-mw/b1a4-jinyoung-min-hyorin-the-day-i-met-you

また、別の記事でも書いたかもしれませんが(!?)、元千葉ロッテマリーンズの里崎智也さんの応援歌として「出逢い」が使用されていました。

まだまだ活動を続けて欲しい

デビュー20周年という節目で、終わらず、30周年を目指して欲しいです!
現状のK-POP界では、KOYOTEのようなグループは貴重で、今の時代に流行る楽曲ではありませんが、後世に残したいグループとして、私は推して行きたいと思います!!

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2110775

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

K-POP歴20年。
時代の流れに流されず、常に良い音楽を探して、聞き続けています。
横浜市在住/職業: Web制作会社のエンジニア/趣味: コーディング・プログラミング、作曲、書店巡り・読書、映画鑑賞、韓国料理など辛いもの好き。

目次