SUNMI(ソンミ)の魅力が最大限に引き出されている楽曲「Siren」

女性歌手

SUNMI(ソンミ)の「Siren」を紹介します♪

世界で通用すると感じた楽曲「Siren」

今月頭にこのMVが公開されてから、少し間が空いてしまいましたが、最初に聞いた時の衝撃がとても半端なかった曲です!
昨年8月リリースの「Gashina」、今年1月リリースの「Heroine」に続く、「Siren」で3部作完結とのことです。(これは知らなかった…)

「Siren」を一番最初に聞いた時に、これまでの2作よりもSUNMIらしい美しさと力強さが引き立てられているメロディで、とても心にズシーン!と来ました!

出だしのサイレンの音とともに流れる「ウーアーアー ウーアーアーウーウー」が、段々と低音になって行くのですが、そのままAメロで低音のまま繰り返されるのが怖いです(笑)

Bメロからサビに向かうところで一旦静かになり、サイレンのようなシンセ音で、サビで一気に弾ける感じが心地よくて鳥肌ものです!
サビメロを聞いて、なんかレディーガガっぽい!?と思いましたが、どの曲っぽいのかは不明なのです。(似ているとかでは無く、感覚的にそんな気がしただけですよ…。)
曲の中盤で、HIPHOP的なアレンジに切り替わるところも斬新ですね。(最近のK-POPでもよくあるパターンなのですが)
でも楽曲のクオリティから見て、世界トップクラスのアーティストに匹敵する曲になるのではと思いました。

MVを見ても、SUNMIの美と狂気のイメージは以前よりもパワーアップしていて、SUNMIらしいシュールな世界観が表現されています。
YouTubeでの「SUNMI SIREN Reaction」の数も半端ないアップロード数になっていますよ!

実はWonder Girlsの曲として作られたものだった

「Siren」のショーケースでのソンミの話によると、この曲は、2~3年前に作られた曲だそうで、「Why So Lonley」のリリース時に、「Siren」も候補曲としてあがっていて、選択に悩んで、先送りになったそうです。

ソンミは新曲「Siren」を紹介し、「この曲は、実は2~3年前に作った曲だ。当時、私が手がけて提出した曲で、JYP A&Rチームで最終候補に残った。『Why So Lonley』と『Siren』で悩んだ」と振り返った。

ソンミは「選ばれたのは『Siren』ではなく『Why So Lonley』だった。『Siren』はやっぱりバンドで編曲するのは難しかった」とし、「それからいつか『Siren』を披露できればと思っていた。私の好みがたくさん入っている曲だ。今回良い機会に恵まれてリリースすることができた」と紹介した。

引用: KStyle

メディア出演 – 韓国のテレビで!

M Countdown

ちょうど9月中旬に韓国に旅行に行ってまして、M CountdownのTVでSUNMIが歌っているところを見る事が出来ました!
(テレビ自体を撮ったので画質はイマイチですが…)

その時の映像はこちらです。

1theKのスポットインタビュー映像

Music Bank 2018.09.21

dingo music

酒を飲みながら、アコーステックギターの演奏で歌うSUNMIの姿が可愛いです!

アルバム『WARNING』

新曲「Siren」は、新しいアルバム『WARNING』に収録されています。
これまでの「Gashina」、「Heroine」も入っていますね。

SUNMI 『WARNING』
01. ADDICT
02. Siren
03. 曲線
04. Black Pearl
05. Gashina
06. Heroine(主人公)
07. 秘密のテープ

3部作が完結した後の次の楽曲リリースがとても楽しみです。
SUNMIの魅力にはこれからも取り憑かれていきます〜(笑)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

輸入盤 SUNMI / WARNING [CD]
価格:1645円(税込、送料別) (2018/9/30時点)



ソンミの他の記事もチェックしてみて下さい!