RUANN(ルアン: 大山琉杏) 日韓同時リリース 「BEEP BEEP」そして韓国デビュー

女性歌手

RUANN 日韓同時リリース 「BEEP BEEP」

大阪出身の日本人シンガーソングライターRUANN(ルアン)が、「BEEP BEEP」を7月31日に日韓同時リリースしました。
RUANNにとって日本での7枚目のシングルとなる「BEEP BEEP」は、韓国では初のリリースとなり、韓国デビュー曲となっています。

16歳とは思えないRUANNのソウルフルで声量のある歌唱力、そしてパワフルなダンスパフォーマンスに注目です!

「BEEP BEEP」韓国語バージョン

「BEEP BEEP」日本語バージョン

「BEEP BEEP」日本語CHOREOGRAPHY(振付)バージョン

「BEEP BEEP」Free Danceバージョン

プロデュースチーム「ブラックアイド・ピルスン」による制作

「BEEP BEEP」は、プロデュースチーム「ブラックアイド・ピルスン(チェ・ギュソン、RADO)」とチョングンによる制作となっています。

ブラックアイド・ピルスン&チョングンのコンビは、これまで、TWICE「LIKEY」、キム・チョンハ「Roller Coaster」や、Apinkの「1つもない(I’m so sick)」、「%%(うんうん)」などを手掛けているヒットメーカーです。ブラックアイド・ピルスン&チョングンは、ゴールデンコンビと言えるでしょう。

この曲は、Aメロ – Bメロ – サビ(歌なし) – サビという特殊な構成になっています。
最近のEDM的構成で言うと、バース – ブリッジ – ビルドアップ – コーラス(ドロップ)でしょうか。
イントロからアウトロまで淡々と流れるように展開される曲なので、1コーラスの後に、ヒップホップ系ラップパートが入っているのも特徴的です。

RUANNのプロフィール

本名: 大山琉杏
誕生日: 2003年7月21日
16歳(2019/08時点)のシンガーソングライター

Michael Jackson、Lady Gaga、Taylor Swiftなどに影響を受け、幼少期から音楽の才能で様々なメディアに取り上げられる。歌やダンスをはじめ、英語、韓国語などの語学、ギターやピアノなどの楽器をほぼ独学で学び、常に感じたことを素直に歌詞に表現する女性SSW。国内のみならず、アメリカ、韓国など路上ライブやライブハウスにてパフォーマンスを成し遂げた。

Z世代らしくSNSでも積極的に活動、YouTubeにアップしたカバーは世界から絶賛。ONE OK ROCKのTakaにより評価を受けライブへ招待される。このライブでONE OK ROCKのカバー曲と自身のオリジナル曲を披露。最近は、BTSやTWICE、BLACK PINKをはじめとするK-POPにも興味を持ちライブでもカバーするなど、より活動の幅を広げている。

RUANNオフィシャルサイトより引用

日本での楽曲の紹介

RUANN「There’s No Ending」

映画「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の主題歌。
心にダイレクトに伝わってくるようなRUANNの歌声が印象的。
アカペラで、厚めのコーラスで歌う箇所は、とても迫力があり、鳥肌が立つくらいの感動があります。

RUANN「LOVE & HOPE」

「BEEP BEEP」の雰囲気では伝わらない、RUANNが持つ本当の感性がこの曲で表れているような気がします。
飛び抜けた歌唱力、体全体で伸び伸びと表現しているところに清々しさを感じます。

RUANNの才能には注目せざるを得ない

抜群の歌やダンス、そしてアコースティック・ギターやピアノなどの楽器もほぼ独学で習得し、英語、韓国語の語学も堪能なRUANN。
まだ16歳という若さで、素晴らしい才能を持つRUANNは、これからどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。
確実にグローバルな視点で活動するであろうRUANNには注目せざるを得ません。
今後もJ-POP/K-POP両方でのリリースに期待が集まります!

各種サイト

RUANN Official Site – https://ruann.jp/

Twitter – https://twitter.com/ruanngogoworld

Instagram – https://www.instagram.com/ruanngogoworld/

YouTuberのあゆたびさんがRUANNの紹介をしています

RUANNの経歴やスゴさについて、熱く語られています!
分かりやすく、楽しく紹介されているのでご覧ください。