ドラマ『私の国』OST(挿入歌)まとめ 全6曲紹介!ヤン・セジョン、ソリョン(AOA)、ウ・ドファン主演

スポンサーリンク
OST
スポンサーリンク

ドラマ『私の国』紹介

韓国で2019年10月4日から11月23日まで放送されていたヤン・セジョン、ソリョン(AOA)、ウ・ドファン主演のドラマ『私の国』が日本で、2020年1月から放送開始となります!

チェック

KNTV

  • 「私の国-序幕-」 2020年1月11日(土)午後8:50~10:00
  • 「私の国」(第一話〜)2020年1月18日(土)日本初放送スタート! 毎週(土)午後8:50~11:45

スポンサーリンク

ドラマ『私の国』概要

あらすじ・キャスト

あらすじ:
高麗末期の1388年。父親が罪人の汚名を着せられ、どん底の生活を余儀なくされているフィ(ヤン・セジョン)と、高官の父親を持つが母親が奴婢出身のためそ の存在を認めてもらえないソノ(ウ・ドファン)。

それぞれ異なる環境に身を置きながらも、2人は剣や弓を競うライバルであり、仲の良い幼馴染だった。遼東征伐を前に、20年ぶりに武科試験が行われることになり、フィは褒美の米のため、ソノは 出世のために試験を受けることにする。

そんな中、ふたりは壁書の犯人として役人に追われているヒジェ(ソリョン/AOA)と出会い惹かれていく。そして迎えた武科試験当日、実技試験でフィは最後まで残るが、息子を主席合格させるためにソノの父が仕組んだ不正により、フィは不合格となる。一方、ソノは父親から不正の 事実を聞かされ憤るが、友情と野心の間で揺れ動く。そんな中不正を告発する投書が届き、事実を知る試官を殺さなければ命はないと言われたソノは試官を手にかける。そして、葛藤の末に不正を知るフィも戦場の最前線に送ってしまう。

3か月後。フィは、遼東征伐軍の先発隊として前線で地獄のような日々を送っていた。そんな中、威化島に留まっていた本隊を引き返す決定が下る。先発隊を始末するために刺殺隊と共に遼東へ向かうソノ。先発隊と刺殺隊が揉み合う中、フィとソノはお互いの存在に気付くのだった。その頃、イ・バンウォン(チャン・ヒョク)は父が後継者に自分ではなく腹違いの弟を指名したことを知り、王座を狙うことを決意する。

キャスト:
ヤン・セジョン、ウ・ドファン、ソリョン(AOA)、チャン・ヒョク、キム・ヨンチョル、アン・ネサン ほか

KNTV https://knda.tv/kntv/program/kn191201/

予告映像

スポンサーリンク

ドラマ『私の国』劇中歌リスト

  1. チョン・スンファン 「それは君だから」
  2. Melo Breeze 「Rose of Sharon」
  3. キム・ジェヒ 「Wild Road」
  4. U-mb5, SEAGATE DJ 「Remember(Feat. ソホ)」
  5. オク・ジュヒョン 「You are standing on the scene of memory」
  6. Purple Rain「Bird」
  7. ソホ「Farewell」

ドラマ『私の国』劇中歌紹介

01. チョン・スンファン 「それは君だから」

02. Melo Breeze 「Rose of Sharon」

03. キム・ジェヒ 「Wild Road」

04. U-mb5, SEAGATE DJ 「Remember(Feat. ソホ)」

05. オク・ジュヒョン 「You are standing on the scene of memory」

06. Purple Rain「Bird」

07. ソホ「Farewell」


他のドラマのOSTもチェックして下さい!