Wonder Girlsのラストシングル「描いて」を聞いて

Wonder Girlsのラストシングル「描いて」がリリースされてから10日程経ちました。

ラストシングルであることを感じさせない

聞いてみたところ、そんなにラストシングルという派手さは無く、とてもリラックスしたムードで歌っている印象で、アルバムに含まれている一曲のような感じです。
ラストシングルとして、華やかなものを想像していたので、あっけなさを感じてしまいましたが。。売れ線な曲を狙うよりも素直に伝えたい気持ちを伝えることを優先して制作されたのではと思います。


作詞は、イェウン、ユビン、作曲はイェウン、ユビンに加えて作曲家ホン・ジサンとなっています。

「描いて」はWonder Girlsがファンのために、丁寧に別れを言うために発売した曲だ。10年間の感謝の気持ちを込めた。幼く純粋な姿で出会った瞬間から、お互いに積み上げてきた様々な話、そして間違いなく恋しがるだろう、お互いに対する気持ちだ。Wonder Girlsとファンたちがお互いの思い出を振り返り、分かち合うことができるように、小節一つ一つに真心と感謝の気持ちが表れる。ファンたちと共に成長してきたためより一層感動的な思い出だ。

参照: KStyle

10年を共にしてきた国民のガールズグループとの別れは寂しい。紆余曲折を経ながらもグループを維持してきたWonder Girlsにも、彼女らを応援してきたファンにも悲しい別れだ。Wonder Girl… - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

メディアの記事では、ファンに対する感謝の気持ちを込めた歌詞になっていると伝えています。歌詞の一部からは、メンバー同士への思いも綴られているような気もします。

幼くて純粋だった私を
時々でもいい
私を包んでくれた手で
描いてよ

今後のメンバー達をチェック

メンバー達がやっているSNSで、今後の彼女達を見守って行きたいなと思います!

・イェユン
instagram
https://www.instagram.com/hatfelt/

・ソンミ
instagram
https://www.instagram.com/miyayeah/?hl=ja

・ヘリム
instagram
https://www.instagram.com/wg_lim/

・ユビン
ユビンは、SNSをやっていないようです…。

Wonder Girls
デビュー当時の写真です。初々しいですね。あの頃、よく聞いていた「すまない気持ち」や「Tell me」を思い出しました。

なぜかこの曲「この瞬間」がラストシングルのように聞こえてならないですね。涙を誘うバラードです。

Wonder Girls
誰が好きだったかというと、初期メンバーでは、ソヒとソネでした。後期メンバーでは、ソンミですね。(ソンミもデビュー当時からのメンバーでしたね。)

これからは、みんな別々の道で活躍して行くことでしょう。
今後のWonder Girlsのメンバー達に期待したいと思います!

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2064081
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2064026

スポンサーリンク

シェアする

フォローする