ドラマ『スイッチ-世界を変えろ』OSTまとめ

OST

ドラマ『スイッチ-世界を変えろ』が、日本でも2018年10月より放送されているので、劇中歌(OST)をまとめてみました♪

ドラマ『スイッチ-世界を変えろ』概要

チャン・グンソクが約2年ぶりの主演、天才詐欺師とマジメな検事の一人二役を演じて話題となったトリック・ラブコメディ。韓国で5月に放送を終えたばかりの最新作「スイッチ」が日本初放送されることが決定。

チャン・グンソクが演じるのは、天才詐欺師サ・ドチャンとマジメで正義感あふれる検事ペク・ジュンスの一人二役。検事を目指していた天才詐欺師サ・ドチャン(チャン・グンソク)は、法律の知識と父親譲りの詐欺の手口を使い、仲間たちと一緒に大がかりな詐欺を働いていた。そんな中、検事ペク・ジュンス(チャン・グンソク)が、捜査中に事故に遭い意識不明に。

ジュンスの後輩オ・ハラ検事(ハン・イェリ)は、捜査を続けるためジュンスの身代わりとして、顔はうり二つだが性格は正反対のドチャンに取引を持ちかける。ジュンスに思いを寄せるハラは、ドチャンと一緒に捜査を進めるうちに、2人の間で気持ちが揺れ動き奇妙な三角関係に!?

本作は、チャン・グンソク演じるドチャンが詐欺師としてさまざまな職業に扮するのも見どころの1つ。映画のようなスケールとスピード感のある展開で、チャン・グンソクの魅力が存分に発揮されている。

キャスト: チャン・グンソク、 ハン・イェリ、 チョン・ウンイン

引用: KStyle

チャン・グンソクが2年ぶりの主演!一人二役を演じた「スイッチ」WOWOWにて10月日本初放送決定 - DRAMA - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle
チャン・グンソクが約2年ぶりの主演、天才詐欺師とマジメな検事の一人二役を演じて話題となったトリック・ラブコメディ。韓国で5月に放送を終えたばかりの最新作「スイッチ」が日本初放送されることが決定。チャ… - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

ドラマ『スイッチ-世界を変えろ』劇中歌

  1. 「Crazy」 TEEN TOP
  2. 「No One」 SOYA
  3. 「Blow My Mind」 キリョン★
  4. 「Raise Me Up」 イ・ホンギ(FTISLAND)★
  5. 「夜空の星」 ナウン&ジンソル(April)★★
  6. 「Destiny」 チャ・ヨウル★

★:オススメ曲

01.TEEN TOP「Crazy」

ディストーションの効いたギターが印象的なロックサウンドを男性5人組グループTEENTOPが歌っています。
TEEN TOPが2012年にリリースした同名タイトル「Crazy」は、アイドルらしいダンスチューンですが、今回の曲は、とてもワイルドな雰囲気に意外性を感じます。
インディーズバンドBiuret(ビューレット)のギタリストであるイ・ジョンウォンが作曲編曲を担当したようです。

02.SOYA「No One」

女性歌手SOYAのミディアムテンポバラードです。
恋人と別れた後の女性の繊細な心を描いた歌詞のようです。全体的に淡々と歌っている感じがしますが、サビでのSOYAの高音域のメロディがとても切なく、そして力強さを感じさせてくれるところが、この曲の魅力だと思います。
この曲は、作曲家KZとテボンの共作です。

SOYAが最近リリースした曲について、もし興味がありましたらこちらをご覧ください。

実力派シンガーSOYA(ソヤ)のダンサブルでテンションが上がる曲!「Artist」
SOYA(ソヤ)の「Artist」を紹介します。 SOYA(ソヤ) 1stミニアルバム「Artist」のタイトル曲 初めてこの曲を聞いた時、「何かが始まる」という雰囲気のイントロにワクワクしてしまいました。 まずは、SOYAの1s...

03.キリョン「Blow My Mind」

シンガーソングライターキリョンが歌うアコースティックで、癒し系な曲です。
主人公の心の移り変わりを表現するシーンに似合いそうな曲です。
この曲は、様々なドラマのOSTで活躍しているプロデュースチーム「メジャーリーガー」とギタリストで作曲家のチェ・ヒョンチョルの共作です。

04.イ・ホンギ(FTISLAND)「Raise Me Up」

FTISLANDのボーカルであるイ・ホンギが歌う、幻想的な壮大な世界観を感じさせてくれるバラードです。主人公サ・ドチャン(チャン・グンソク)の寂しさと切なさを描いた歌詞のようです。
イ・ホンギの特徴とも言えるやや荒々しい歌声が、不思議と優しく感じるのは、叙情的なメロディや広々とした空間で歌っているかのようなエフェクト処理が施されているのが、そう感じさせてくれるのかも知れません。
イ・ホンギは、ドラマ『美男<イケメン>ですね』でチャン・グンソクと共演していたため、チャン・グンソクと親交が深く、今回のOST参加にも思い入れが強かったようです。

05.ナウン&ジンソル(April)「夜空の星」

Aprilのメインボーカルのジンソルとサブボーカルのナウンによる叙情的なメロディが印象的な曲です。Aprilの楽曲とは違った一面を聞くことができますね。
夜空を眺めながら願い事をする少女の切ない心を表現しており、制作は全てプロデュースチーム「ZigZag Note」が担当しています。
Bメロからサビへ繋ぐ部分の盛り上がりや、キラキラした音使いが良く、2人の持ち味が十分に生かされているアレンジが素晴らしいです!

06.チャ・ヨウル「Destiny」

オーディション番組「偉大な誕生2」出身のシンガーソングライターチャ・ヨウルが歌うアップテンポで明るい曲です。
イントロ、Aメロのギターのフレーズが印象的で、軽快なリズムに乗って気持ちよさそうに歌うチャ・ヨウルが歌声を聞いていると、元気が出てきます!
「アッイエー」という掛け声が可愛らしいですね!
制作は、プロデュースチーム「ZigZag Note」と、プロデュースチーム「e.one」のメンバーであるチェ・ヒョンジュンが担当しています。

まとめ

全体を通して聞いてみると、他のドラマの劇中歌と比較して、インパクトの強い曲が無いような気がしましたが、強いてメイン曲を挙げるとしたら、イ・ホンギの「Raise Me Up」でしょうか。
ナウン&ジンソルの「夜空の星」やチャ・ヨウルの「Destiny」はポップで親しみやすい曲だと思いますので、オススメです!