MAMAMOO 「WANNA BE MYSELF」本来の「私」を尊重し、大切に生きる

目次

「WANNA BE MYSELF」私らしくありたい

前作「HIP」を含む2ndアルバム『reality in BLACK』のリリースから、10ヶ月ぶりとなる新曲「WANNA BE MYSELF」がリリースされました。

今回の曲は、韓国で大人気のヨガウェアブランド「ANDAR(アンダール)」とコラボレーションし、CMソングとして起用されています。

私らしくありたい」「世界が定めた基準はない、比べないで」など、本来の「」を尊重し、大切に生きるという意味を含んだ歌詞に注目です。

「WANNA BE MYSELF」は、レトロな雰囲気を帯びたクールでカッコいいメリハリの効いたディスコサウンドになっています。
音の強弱がしっかりと付けられていて、“静”と”動”の躍動感があり、MAMAMOOを通して女性らしさが感じられる楽曲となっています。

楽曲深堀りポイント
  • 「WANNA BE MYSELF」は、MAMAMOOが所属する音楽事務所RBW(Rainbow Bridge World)のプロデューサーであるCosmic SoundCosmic Girlが作詞作曲アレンジ全てを手掛けている。
  • Aメロで聞くことが出来るリキッドで浮遊感のあるシンセが幻想的な雰囲気を出している。
  • 無機質なサウンドの中に、Bメロで突如生音っぽく現れる繊細なシンセストリングス(バイオリン)は、サビに入ると歯切れのよいフレーズで変化を与え、曲に躍動感をもたらしている

個々の活動が目立った今年、その中での「WANNA BE MYSELF」

2020年は、メンバー個々の活動が目立ちました。
MAMAMOOは2014年にデビューし、来年7年目を迎えます。その中でメンバーは今後の自分自身を模索していることでしょう。

ムンビョル

ムンビョルは、2月にソロ2ndミニアルバム『DARK SIDE OF THE MOON』をリリース。

あわせて読みたい
ムンビョル(MAMAMOO) 「Eclipse(月が太陽を隠す時)」 強烈なメロディに圧倒される 実力派ガールズグループMAMAMOO(ママムー)のメンバーであるムンビョルがソロ2ndミニアルバム『DARK SIDE OF THE MOON』をリリースしました。そのタイトル曲「Eclipse(月...

ソラ

ソラは、4月に初のソロシングル「Spit it out」をリリース。

あわせて読みたい
ソラ(MAMAMOO) 「Spit it out」でソロデビュー!ラテン風ギターに乗せたアップテンポのR&Bが心地良... MAMAMOOのソラのソロデビュー曲「Spit it out」を紹介します。 【ラテン風ギターに乗せたアップテンポのR&B】 女性4人組グループMAMAMOOのリーダーであるソラが、MA...

ファサ

ファサは、6月に1stミニアルバム『MARIA』をリリース。

また、4月に「Orbit」(ドラマ『ザ・キング:永遠の君主』 OST)をリリース。

あわせて読みたい
ドラマ『ザ・キング:永遠の君主』 OSTまとめ!全13曲紹介〜GUMMY、ポール・キム、DAVICHI、ファサ、Zio... 【ドラマ『ザ・キング:永遠の君主』紹介】 『ザ・キング:永遠の君主』は、俳優イ・ミンホが除隊後、復帰第一弾となるファンタジーロマンスドラマで、韓国では、2020年...

フィイン

フィインは、4月に「私の涙を集めて」(ドラマ『賢い医師生活』OST)をリリース。

あわせて読みたい
ドラマ『賢い医師生活』OSTまとめ!全13曲紹介〜キュヒョン、フィイン(MAMAMOO)、Urban Zakapaが参加! 【ドラマ『賢い医師生活』OST紹介】 『賢い医師生活』は、韓国で、2020年3月12日〜5月28日まで放送されたチョ・ジョンソク&ユ・ヨンソク出演のドラマです。韓国での最...

さらに、9月に「Shine On You」(ドラマ『青春の記録』OST)をリリース。

メンバーそれぞれの私らしさ

メンバーそれぞれのソロ活動が目立った後にリリースされた「WANNA BE MYSELF」は、MAMAMOOの一員としての私らしさを再認識させるものであったのではないでしょうか。

今回はヨガウェアブランド「ANDAR(アンダール)」とのコラボ曲ということで、単発の曲でしたが、次のMAMAMOOのアルバムには、ムンビョル、ソラ、ファサ、フィインにとっての“WANNA BE MYSELF”が継承された作品であることに期待したいと思います。

https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2151701

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

K-POP歴20年。
時代の流れに流されず、常に良い音楽を探して、聞き続けています。
横浜市在住/職業: Web制作会社のエンジニア/趣味: コーディング・プログラミング、作曲、書店巡り・読書、映画鑑賞、韓国料理など辛いもの好き。

目次