日本デビューも決まったBLACKPINK(ブラックピンク) 「最後のように」

BLACKPINKの「最後のように」を紹介します♪

日本デビューするBLACKPINK

BLACKPINK(ブラックピンク)は、BIGBANGやEpik Highなど有名アーティストが所属する韓国大手事務所YGエンターテイメントから、2016年8月にデビューしたガールズグループです。

韓国デビューから1年後の2017年8月には、日本デビューも決まり、現在日本でのプロモーションやライブなどの活動も行われています!
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2074756

メンバー紹介

BLACKPINKのメンバーは、ジス、ジェニー、ロゼ、リサの4人です。
ロゼは、オーストラリアのメルボルン生まれの韓国人で、リサはタイ人という多国籍なグループです。

ジス(リードボーカル)
ジェニー(メインラッパー)
ロゼ(メインボーカル、リードダンサー)
リサ(メインダンサー、リードラッパー)

「最後のように」

デビューして間も無いのに最後のようなタイトルの曲ですが…。曲調は、イマドキなダンスポップで、BLACKPINKの得意とするラップも強調されています。
この曲は、YGエンターテイメントの作曲家・プロデューサーであるTEDDY、FUTURE BOUNCEと韓国系アメリカ人の女性作曲家Lydia Paek(リディア・ペック)による共同制作で、ヒップホップとポップスがうまく融合されている曲です。

日本でのヒットは狙えるのか!?

デビュー曲「BOOMBAYAH」の方がヒップホップ色が強く、インド的なフレーズが印象的ですが、好みが分かれそう・・・。
「BOOMBAYAH」日本語バージョン

韓国でのデビューアルバムのタイトル曲「WHISTLE」もヒップホップ好きにはたまらない一曲だと思います。
Bメロだけがポップなメロディになる斬新なヒップホップです!

「最後のように」のようなイケイケ風なポップス寄りの曲調で攻めれば、日本でも売れるのではないでしょうか!どちらかというと女子にウケているアーティストのようなので、今の日本の音楽シーンに無い、女子のカリスマ的な存在になれれば、息の長いアーティストになると思います。

blackpink

スポンサーリンク

シェアする

フォローする