BoA 『Sunshine』

2006年秋、韓国で公開された映画『愛なんていらない』の主題歌であるBoAの『Sunshine』。

曲単体では、それほどインパクトは少ないのですが、映像が加わると鳥肌ものの作品となるところがスゴイ。
曲の後半のハイトーンボイスが聞きどころです。
切なく、悲しくなります。

韓国でのBoAの楽曲は、暖かさだったり、心情の深さだったり、表現の仕方が日本での楽曲と比較して、幅が広く感じます。
やっぱり日本・韓国のクリエイターの違い、楽曲の雰囲気の違いなのか、それとも、言語のニュアンス、母国での楽曲に対する感情移入の度合いの違いなのか…。
日本での楽曲も素晴らしいものがたくさんあるけど、僕個人としては、韓国での楽曲のほうが好きです。

映像が加わるだけで、曲が化けるのは韓国映画マジックだと感じます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. じゅん より:

    SECRET: 0
    PASS: cb10d6ee4a467125a08cfe976d8ca159
    韓国の作品って音楽でも映画でも
    何だかすごく「本気」が伝わってくるんです。
    そこが好きです。
    BoAも、映像の作品も素晴らしいなって思います。