APRIL 「LALALILALA」大人っぽさが増した中毒性溢れるダンスポップ

スポンサーリンク
女性グループ

April7thミニアルバムDa Capo』のタイトル曲「LALALILALA」を紹介します。

スポンサーリンク

大人っぽさが増したAprilの中毒性溢れるダンスポップ

大人っぽさが増して、楽曲の雰囲気もガラッと変化を付けてきたAprilの「LALALILALA」は、中毒性溢れるダンスポップです。
アレンジは、EDMでよく使われるような音使いが目立ち、分厚めのベースや、シンセストリングスでインパクトを与えています。

Aprilらしいメロディが、散りばめられているので、これまでのファンにも笑みを浮かべてしまうようなフレーズがあるのは納得。
6thミニアルバム『the Ruby』の収録曲「Oh-e-Oh」を手がけたMooncカン・ミョンシンが「LALALILALA」の作詞作曲を担当しています。

スポンサーリンク

脱妖精系 or 妖精系維持?

宇宙・近未来をイメージするMVが印象的で、白いシャツ+レザー、白いワイドパンツの衣装がとても似合っています。
しかし、この世界観から少しズレている花柄ワンピースを着ているシーンがあり、清純さ、妖精のイメージを脱却したくないApril、制作側の意図も感じられます。

今回の新曲「LALALILALA」では、これまでになかった大人びたAprilを感じることが出来ましたが、ふと気になったのは、Apinkと音楽ジャンルの路線が少しかぶっている点です。
KARAの妹分としてAprilは、妖精系アイドルグループとしてデビューし、年を重ねる毎に、次第に大人びた雰囲気になるのは当然で、前作6thミニアルバム『the Ruby』の「Oh-e-Oh」あたりまでは、妖精系イメージをかろうじて維持出来ていると感じます。

2011年にAprilよりも4年早くデビューした元妖精系グループApinkが「1つもない(I’m so sick)」で路線変更し、過去のイメージを脱却したように、Aprilも今後、大人っぽい路線へ向かっていくのかは分かりませんが、Aprilの個性と言える清純、無垢のイメージは残して欲しいところです。

余談ですが、「LALALILALA」のミュージックビデオの0分22秒から、メンバーが手をクロスして、レイチェルからジンソルまでが現れるシーンと、Apinkの「%%」の冒頭シーンの出かたが似ているのは、Apinkを意識しているからなのか…。(謎)

そのシーンはこちら (YouTube)

スポンサーリンク

April 7thミニアルバム『Da Capo』

7thミニアルバム『Da Capo』は計6曲収録されています。

7th ミニアルバム『Da Capo』
  1. Oops I’m Sorry
  2. Doll
  3. LALALILALA
  4. 1,2,3,4
  5. 君.zip
  6. 時間差

『Da Capo』ハイライトメドレー

全曲レビュー

  • 可愛らしい雰囲気で、夏へ向けて聴きたい曲です。流行りの音使い/アレンジが地味に施されている、カン・ミョンシン、Mooncによる制作。
  • Aprilらしさが感じられ、「手をつないで」っぽい雰囲気が好きな人にオススメ!プロデュースチームe.oneのチョン・ホヒョン、チェ・ヒョンジュンによる作詞作曲。
  • LALALILALA
    『Da Capo』のタイトル曲で、何度も繰り返し聴きたくなるような中毒性がある曲です。「LALALILALA」という歌詞が頭から離れません!
  • 1,2,3,4
    ファンキーなグルーヴが心地良く、ドラムンベースのリズムが強調されている曲です。これまでのAprilの楽曲にはない、Aprilの新しい魅力が引き出されている曲と言えます。アメリカのソングライターJustin Reinstein(ジャスティン・ラインシュタイン)による作曲。
  • 君.zip
    e.oneのチョン・ホヒョンによる作曲で、しっとりとした叙情的なピアノ、ダイナミックなシンセサウンドが混在している、切ないメロディが印象的な曲です。好きな人の複雑な気持ちを凝縮して、圧縮したことからネーミングされたタイトルにも注目。
  • ナウンとジンソルのデュエット曲です。冬の終わり、春のひんやりさと暖かみ両方を感じる季節をイメージします。作曲家キム・ヒョンソクの「四季」プロジェクトの「春」をテーマに作られた曲です。

※6曲目「時間差」だけCD版のみの収録となっています。

プロモーション活動

Dingo Music エイプリルたちの愛らしい美貌爆発ライブ

SBS人気歌謡 出演 2020.05.03

THE SHOW 出演 2020.05.05

Music Bank 出演 2020.05.08

Aprilにとってはターニングポイントとなるアルバム

一年半ぶりのリリースとなった7thミニアルバム『Da Capo』は、Aprilにとってはターニングポイントとなるアルバムと言えます。
カムバックまでの時間が長く、プレッシャーを感じながらも作り上げたアルバムということで、メンバーは、「ブランクが長かっただけに、とても大切なアルバムです」と紹介し、「コンセプトを活かせるアイドルだと言われたいです
とコメントしています。

April、7thミニアルバム「Da Capo」でカムバック“ブランクが長い分大切なアルバム…コンセプトを活かせるアイドルと呼ばれたい” - Kstyle
Aprilがニューアルバムについて「ブランクが長かっただけに、とても大切なアルバムです」と紹介し、「『コンセプトを活かせるアイドルだ』と言われたいです」と伝えた。最近、7thミニアルバム「Da Ca… - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

Aprilのコンセプト清純のイメージを維持して、今後も曲のリリースを期待したいです!

April のインスタグラムで最新情報をチェックしましょう!

Aprilhttps://www.instagram.com/official.april/
ジンソルhttps://www.instagram.com/truesol__0824/
チェウォンhttps://www.instagram.com/chaeni_0824/
レイチェルhttps://www.instagram.com/castlechel_0824/
イェナhttps://www.instagram.com/sheepyn_0824/
ナウンhttps://www.instagram.com/betterlee_0824/
チェギョンhttps://www.instagram.com/yunvely_0824/

Aprilの他の記事もチェックして下さい!