OH MY GIRL ヒーリングでファンタジーな曲!とても癒される「Secret Garden(秘密の庭園)」

女性グループ

OH MY GIRLが9ヶ月ぶりにリリースする5thミニアルバム『秘密の庭園(Secret Garden)』のタイトル曲として、同タイトル「Secret Garden(秘密の庭園)」を紹介します♪

ヒーリングでファンタジーな「Secret Garden(秘密の庭園)」


この曲のティザー映像を見た時に、「こんな曲待ってました〜♪」と笑みを浮かべてしまう程に、ウキウキな気分になってしまいました!
ここ数ヶ月私が聞いたK-POPの中で、こんなにときめいたのは本当に久しぶりです。

まずは、「Secret Garden」のティザー映像をご覧ください。

センターに小さく映っているユアが可愛いと思ったら、優しい雰囲気のヒョジョンが現れ、夢と希望を与えてくれるようなメロディにどハマりしてしまい、何度も聞いていました。
サビのマイナー調のメロディが美しく、ヒーリング神秘的な雰囲気ファンタジーを感じるというところが、一番最初に感じた印象です。

フルコーラスで聞きたい方はこちらをお聞きください。

イントロの金属的なピアノの跳ねるようなフレーズは、私個人的にどハマりなポイントでウキウキさせてくれる感じがたまりません(笑)
温かみのある分厚いシンセパッド系の音と高音域の優雅なストリングスが、ファンタジーな雰囲気を出している要素かもしれません。
この曲意外と重低音が効いていて、シンセベースがブリブリしています。

2コーラス〜Cメロ後、大サビでのスンヒの「おぉー」「ホールニューワールド(?)」というコーラスが、鳥肌が立ってしまうほど感動しました!この曲の一番の聞きどころです!!

昨年10月に脱退したジニも一緒に歌う予定だったはずのこの曲ですが、抜けた穴も感じさせない、OH MY GIRLカラーが全開に出ていますね。
OH MY GIRLの代表曲と1つとなることは間違いないと思います。

この制作陣

作詞は、女性作詞家のソ・ジウムです。
この人は少女時代 テティソの「Twinkle」、f(x)の「Electric Shock」、EXOの「Growl」など作詞を手掛けています。
作曲は、日本人作曲家Mayu Wakisakaさん、アメリカの音楽プロデューサーSteven Lee(スティーブン・リー)、そして、あの「Closer」を手掛けたSean Alexander(ショーン・アレキサンダー)による共作となっています。
3人でメロディを作るってどんな風に作っているのか気になるところです。アレンジが、Sean Alexanderなので、Sean Alexander色が強いのでしょうか…。

アルバム「Secret Garden(秘密の庭園)」

アルバムの収録曲は5曲です。

1. Secret Garden(秘密庭園)
2. Love O’clock
3. Butterfly
4. Sixteen
5. Magic

アルバムのプレビューはこちら。

一言レビュー

2. Love O’clock
何となく、LOVELYZっぽい雰囲気の曲ですね。
3. Butterfly
しっとり、爽やかな曲です。
4. Sixteen
サビが民謡ぽい。
5. Magic
少し大人の雰囲気なR&B。

スンヒの歌声が素晴らしい

2015年10月にリリースした「Closer」は幻想的で、この曲でOH MY GIRLのファンになった人も多いかと思います。


「Secret Garden」は、それを上回るようなファン獲得に勢いをつけるために、勝負をかけた楽曲だと思いました。

dingo MUSICの映像は、生歌なので、メンバーの息使いまで聞くことができます。
通常のMVよりもまた違った楽しみがありますね。
やっぱりスンヒの歌声は素晴らしいです。聞き応えがあります〜。