NC.A(エンシア) 「私はちょっと違う(난 좀 달라)」

1, 2, 3, 4, 5 minutes
5분 안에 달려 와
1, 2, 3, 4, 5 steps
그 안에 있어
tic and tic and toc and toc
시간이 없어
난 도도도도한 girl
나나나 그런 girl.. boy

歯切れの良い韻を踏んだメロディとエレクトロポップが心地よいNC.A(エヌシア)の「私はちょっと違う」。

日本で言えば、西野カナ的なポジションではないかな・・・と個人的に思う。
でもNC.Aはまだ10代。これからの期待が大きいでしょう。
この曲、部分的にTKサウンドを彷彿させる覚えやすいリフレインが特徴的です。

エンシア

NC.Aは、2013年8月12日にシングルアルバム”My student teacher(교생쌤)”でデビュー。

この曲は、ミディアムテンポで、何となく2000年代前半にヨーロッパで流行ったPOPSサウンドを彷彿させます。
これと比べると、”私はちょっと違う”は、180度路線が違い、ギャップが楽しめます。

そして、”OH MY GOD”もセンチメンタルエレクトロニカと言った感じ。

「『OH MY GOD』が可愛いだけだったなら、『I’m different』は少し違う」
デビュー以来ずっと可愛いイメージをアピールしてきたNC.Aは意外にも「可愛いイメージと私はあまり合わないと思います」と打ち明けた。歌声とは違い話す時の声は少しハスキーだった。NC.Aは新曲「I’m different」について「ひとつ年を重ねてもっと大人な感じにしました。『OH MY GOD』よりテンポが遅いので少し楽に歌うことができると思います」と説明した。

NC.Aは収録曲「Hello Baby」でプロデューサーのフィソンと共同で作業した。NC.Aはフィソンについて「怖いかなと思いましたが、思ったよりよく合わせてくれてまとめてくれました。細かい部分まで気を遣ってくれました」と語り感謝の気持ちを表現した。続けてNC.Aは「機会があればユン・ジョンシン先輩とも作業したいです。月刊ユン・ジョンシンをいつも聞いていますが、完全に私のスタイルです」と関心を示した。

nc.a

スポンサーリンク

シェアする

フォローする