カン・ミヨン 「その日の私たち」

カン・ミヨンの「その日の私たち」を紹介します♪

歌手カン・ミヨンは、女優のユン・ウネも在籍していたBaby V.O.X(ベイビーボックス)の元メンバーで、メインボーカルとして活動していましたが、2006年からソロとして活動をしていました。
色々な歌手とのコラボレーションやドラマ等のOSTの参加が多かったようですね。

私はBaby V.O.Xの存在は知っていましたが、楽曲を聞いてはいなかったので、ユン・ウネがいるグループということくらいの知識がないのですが(^^; カン・ミヨンは、メインボーカルを担当していたというのもあり、歌唱力はもちろん、バラード曲に向いている暖かみのある声質が魅力だと思いました。

「その日の私たち」は、カン・ミヨン自身が作詞を行っていて、別れた愛する人との思い出­を懐かしむ気持ちを表現したそうですよ。とにかく秋らしい曲です!ピアノ+アコースティックギターというバラードの王道なアレンジで、これだけでもとても暖かみがあるのに、バイオリンが加わることでそれが倍増し、さらに秋の切ない感じが増しています。もし一人で夜に聞いたら、悲しくなってしいまそうです(^^; K-POPバラードの王道メロディと言った感じで、何度聞いても飽きない味わい深い曲になっていると思います。

MVでは、広い草原で手紙を待つ姿、懐かしい場所を巡る役をカン・ミヨン自身が演じています。
全体的に柔らかい雰囲気のMVなので癒されます。2コーラス後のカン・ミヨンがやや逆光気味になっているシーンが個人的に好きです♪

カン・ミヨン 「その日の私たち」

最近は、ドラマ「武林学校」にキャスティングされて、女優としての活動も始まるそうです。セクシーカリスマ体育教師を演じるそうですよ(^^;
バラード女王としてももっと活躍して欲しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする